サイトアイコン Pinbit Games

Unityとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説

「Unity(ユニティ)」とは一体どんなプログラミング言語でしょうか?実際にUnityについて調べてみると、プログラミング経験者向けの記事やWikipediaには難しい単語が羅列されているため、

調べても結局何を言っているのか分からなかった! Unityが結局何がなんだか訳がわからない!

そんなことを思う方も少なくありません。そこでこの記事では、

といった内容を、専門用語を超噛み砕いて初心者でもわかるように徹底解説していきます。最後までお読みいただければ、Unityについて体系的に理解していただけるでしょう。

Unityとは?

Unityはゲーム開発ツールであり、3Dおよび2Dのゲームを作成するためのゲームエンジンです。プログラミング言語C#を使ってゲームを開発することができます。また、Unityには、アセットストアと呼ばれる素材ストアが用意されています。豊富なアセットやモデル、およびエフェクトが用意されており、ゲームを作成するのに役立ちます。Unityは他のゲーム開発ツールと比較して、初心者でも始めやすいようにチュートリアルやドキュメントが豊富に用意されており、操作画面から簡単にゲームを作成できます。

特徴としては

などがあります。

まずはUnityとはどんなゲームエンジンなのか理解を深めていきましょう。

クロスプラットフォームで開発できる

Unityでは、iOS、Android、Windows、Mac、Linuxなど、さまざまなプラットフォームをクロスプラットフォームで開発できます。開発者が1つのソースコードを使い、複数のプラットフォームでの開発を行うことができます。これにより、開発者が開発時間を短縮し、アプリケーションをより早くリリースできます。

クロスプラットフォームで開発できるだけで、

などのさまざまなメリットがあります。

3D、2D、VRなど、様々なジャンルを扱える

Unityは3Dゲーム開発だけではなく、2Dゲーム開発も容易に行えます。また、VR(Virtual Reality)をはじめとする様々なジャンルを扱うことが可能です。Unityでは、ゲームの他にも、映像やアニメーションなどのコンテンツを作成することもできます。Unityを使えば、さまざまなジャンルが扱え、プログラミングの学習にも最適です。

Unityでできることと活用事例

Unityはゲーム開発、3Dモデリング、2Dアニメーションなどを作成するためのツールです。Unityは、インタラクティブな3Dや2Dの機能を備えていて、数多くの種類のプロジェクトを作成することができます。Unityを使用すれば、3Dゲームを作成したり、複雑なモデルを作成したり、2Dアニメーションを作成したり、物理演算を使用したり、その他いろいろなことが可能です。

また、プログラミング言語C#を使用してゲームを開発することも可能です。C#を使用すれば、ゲーム内の特定のイベントやオブジェクトをコードで操作することも可能です。

Unityを利用しているゲームの例として、有名なものではスマホゲームの『ポケモンGO』『ドラゴンボールレジェンズ』、VRゲームの「Population One」「VRChat」、PCゲームの「Escape from Tarkov」「Among us」などがあります。

Unityエンジニアの需要と将来性

現在、Unityエンジニアの需要は急速に増加しており、将来性も高いと言えます。Unityを使用したゲーム開発は、技術が進歩するにつれて活用範囲が広がっています。3Dゲームだけでなく、2DゲームやVRゲームなど、多種多様なゲームを手軽に開発できるようになりました。また、Unityは今後も技術革新を行っていくことが予想されるため、Unityエンジニアの需要は今後も高まると予想されます。

Unityエンジニアとしての仕事については、ゲーム開発会社やフリーランスなど様々な形態で行えます。Unityを使ったゲーム開発会社などは、Unityエンジニアの技術力を大きく評価しており、将来性も高くなっています。また、Unityエンジニアとしての需要は今後も増えると予想されているため、将来的に仕事を得るチャンスは大きいと見ていいでしょう。

初心者向けのおすすめの本

Unityを学習し始めるために、おすすめの本を紹介します。Unityを学習するための本には、初心者向けのものから上級者向けのものまで幅広く存在します。初心者向けの本では、Unityの基本的な使い方、3Dモデルの作成、2Dゲームの開発、C#プログラミングなどを学ぶことができます。上級者向けの本は、より高度なUnity開発について学ぶことができます。

Unityの教科書

内容がしっかりしていて、とてもわかりやすいです。本の中では、少しずつできることを広げてくれるような、きちんとした構成になっていて、ゲーム制作の初歩を学ぶには最適な本だと思います。しかし、本書だけではプログラミングを理解するのは不可能で、Unityの機能を網羅しきれていないので、自分の作りたいゲームを作るにはさらなる学習や実践が必要になります。その際には次の本がおすすめです。

Unityゲームプログラミングバイブル

解説書としてはなかなか高額でサイズが大きいです。その分、内容は盛りだくさんです。この本を一冊終えれば、かなり幅が広がります。

これ以上の学習は、公式サイトのマニュアルを読み込んだり、実践を通じて学ぶのが良いと思います。

モバイルバージョンを終了